スクラッチの練習課題

スポンサーリンク

スクラッチの初級編の課題です。サイコロの出目をカウントするプログラムになります。

課題

スクラッチの課題の内容は以下の通りです。

  • サイコロを100回振り、出目をカウントします。
  • 出目を棒グラフして、分かりやすく表示します。
  • サイコロの絵も視覚的に表示します。

イメージ図は、以下のようになります。綺麗に1/6にならないことを確認します。

解答

サイコロのスプライト

サイコロのスプライトを作ります。

コスチューム

1~6のサイコロの絵を描きます。

コード

100回、サイコロを振ります。出目は乱数で1~6です。1回振る毎に、記録を送ります。

グラフのスプライト

グラフのスプライトを作ります。サイコロの1のグラフです。

コスチューム

プロットするだけなので、適当な小さな四角を描きます。

コード

  • グラフを描く時、座標を良く覚えておきます。

  • サイコロの1のグラフの始点を決めます。x座標を-60、y座標-180にします。(サイコロの2以上は、始点のx座標を変更します)
  • サイコロのスプライトから記録を受け取ります。
  • サイコロが1の場合、10歩動かしてスタンプ( プロット)します。
  • 集計欄の1の箇所に1をプラスします。(カウントします)

サイコロの2以上

  • グラフ1をコピーしてグラフ2を作ります。
  • グラフの始点、コスチューム名、集計関係をグラフ2用に変更します。

サイコロを1000回振ると

左図はサイコロを100回振った場合、右図は1000回振った場合です。サイコロをたくさん振ると出目が1/ 6に近づいていくことが分ります。

では、「サイコロを1000回振るプラグラム」を見てみます。

サイコロのスプライト

サイコロは、1000回振るように変更します。

グラフのスプライト

  • グラフ1~6のスプライトの以下の部分を1に変更します。
  • グラフの数を変更しない場合、グラフが枠外なってうまくいきません。

タイトルとURLをコピーしました