auひかりを高速化してみた

スポンサーリンク

変更前のスピード

現在は、auひかりで、インターネット(ホーム1ギガ)と電話(発信番号表示オプション有)で6500円程です。 現在の機器構成は、

  • ONU (auひかりレンタル)
  • ホームゲートウェイのBL170HV (auひかりレンタル:無線LANなし)
  • 無線LANにするためのAterm WR8175N (個人で購入)

です。左からONU、 BL170HV 、 Aterm WR8175N となっています。 以下のようにGoogleで、「インターネット スピード」で検索すると、現在のスピードを測定できます。 現在のスピードは以下のようになっています。

  • 有線:ダウンロード  89Mbps アップロード 87Mbps
  • 無線( IEEE 802.11g ):ダウンロード  47Mbps アップロード 46Mbps

変更後のスピード

  • ONU (auひかりレンタル) <— 変わらず
  • ホームゲートウェイのBL1000HW (auひかりレンタル:無線LANなし)
  • 無線LANにするため、BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2/N (個人で購入)

  • 有線: ダウンロード 669Mbps アップロード 516Mbps
  • 無線 5GHz ( IEEE 802.11n ): ダウンロード 263.2Mbps アップロード 192Mbps
  • 無線 2.4GHz ( IEEE 802.11g ): ダウンロード 51.7Mbps アップロード 46.7Mbps

機器を変更すれば、有線では7倍程度の高速化無線では5GHzで5倍程度の高速化、2.5GHzでは、ほぼ変わらず という結果になりました。

  • ホームゲートウェイのBL1000HWは、auひかりで機種変更の代金が3000円ほどかかります。
  • ホームゲートウェイのBL1000HWの無線LAN付きは 、auスマートバリュに加入していれば無料です。 auスマートバリュに加入していない場合、 月毎に500円が必要です。
  • auスマートバリュに加入していない場合 、 BL1000HWの無線LAN無を選択して、自分で無線LANルーターを購入した方が安いと思います。

購入した無線LANルーターは、こちら。
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2/N 11ac ac1200 866+300Mbps IPv6対応 デュアルバンド 3LDK 2階建向け 簡易パッケージ テレワーク 日本メーカー 【iPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 ProMax メーカー動作確認済み】

参考までに、Wi-Fi規格を掲載しておきます。

No Wi-Fi規格名 最大通信速度 周波数 呼称
1 IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz 帯  
2 IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz 帯  
3 IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz 帯  
4 IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz 帯 5GHz 帯  Wi-Fi 4
5 IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz 帯  Wi-Fi 5
6 IEEE 802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz 帯 5GHz 帯  Wi-Fi 6

 

スポンサーリンク
Windows
管理人をフォローする
IT情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました