原本のWordファイルから変更するものが決まっているもの(例えば日付けや名前など)場合には

原本のWordファイルをコピーして変更するという手順で、新しいwordファイルを作成する方が多いと思います。

これでも良いですが、Wordにはテンプレート機能があります。

(1)Wordファイルを保存する時に「Wordテンプレートファイル(*.dotx)」で保存

(2)保存先は自動的に

C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Office のカスタム テンプレート

になります。

何が便利かというと、新規に文書作成する際、テンプレートを選べますが、個人用のところに自分の作成したテンプレートが選べるようになります。

以下の例では「MyTemplate」という名前でテンプレートを保存した結果です。

自分の作成したテンプレートを削除したい場合には

C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Office のカスタム テンプレート

の当該ファイルを削除すれば、個人用のテンプレートに表示されなくなります。

それほど便利というものではないですが、Wordで各種フォーマットを一括して管理したいという方は使用してみてください。